ちょっと自分でもやってみたくなった活動

少し前に小学校からの友人と遊びました。どうでも良い話などもたくさんしたのでうが、そのときにまた同人活動を始めたという話をしてくれました。

もともと友人は中学生の頃から絵を書くのが好きで、その流れから自然と同人活動もしていました。

しばらく勉強なり何なりで忙しかったようで同人誌を買うなど買い手側に徹していたようですが、最近また描きたいジャンルと出会ってしまったようでメラメラと創作意欲が燃え上がってしまったようです。

描きたいネタがいっぱいあるんだーとテンション高く話していました。

友人は決しておせじにも絵が上手いというわけではないですが、いつも楽しそうにイラストやマンガ作成に打ち込んでいます。

そんな姿をみていると好きなものを好きなように表現するというのはとても素敵なことなんだなといつも思わされますよね。

そんな私も少しだけ同人活動っぽいことをしたことがありました。

といっても本を出したりイベントに出たりということではなく、ホームページでゆるゆると小説を更新していた程度です。

その時は本当に自己満足でやっていたので、自分がやりたいようにできてとても楽しかったのを覚えています。

ちなみに友人にいまはどんな話を描いているのかときくと、ゆるっとした日常系だといっていました。

昔からよくその手のものを描いていた印象があるので、今でも趣味が変わっていないのだなと思うとちょっとおもしろいですね。

出来上がったら見せてもらう約束をしてその日は別れたのですが、楽しそうな友人をみてなんとなく自分でもやってみたくなってきてしまいました。

イベント参加は流石にハードルが高いので無理かなと思いますが、インターネット上で作品を公開して楽しむことはできそうです。

今度久しぶりにいろいろやってみよう、そんなことを思って楽しくなったのでした。

コメントを残す