同人活動の中、マシントラブルの恐怖

かつてはアナログ原稿が主流だった同人活動でしたが、今はデジタルで原稿を作成している人が多いと思います。

かくいう私も、数年前からデジタル作業です。

下書きはコピー用紙に鉛筆で手書きし、スキャンして取り込み、デジタルでペン入れします。

使っているのソフトは、コミックスタジオとSAI。

最終的には、フォトショップで入稿します。

今はクリップスタジオが主流みたいですが、私はそちらはまだ未体験です。

よく言われることですが、一度デジタルを使うと、もうアナログには戻れません。

スクリーントーンや効果線などの素材も豊富だし、線の太さも自在に変更出来るし。

何より修正、やり直しが可能です。

間違えた時、キーを押せば一つ前の状態に戻せる。

これが本当に便利で……アナログ原稿だと、間違えたら修正も大変ですから。

インクをひっくり返して原稿を汚すことも、猫に触られてインクが伸びることも、スクリーントーンをカッターで削って、カスが飛び散ることもありません。

特にトーンカスは、後でくしゃみが出たり、肌が痒くなったり大変でした。

一枚一枚の値段も、けっこう高価ですし。

何より原稿中に、部屋が散らからずに快適になりました。

こう書くと、デジタルは良いこと尽くしのようですが……やはり、そうはいきません。

何よりパソコンの不調は、素人には手も足も出ません。

怖くて、変なところを触れないし。

アナログ画材は、壊れてもすぐに紙とペンを買い換えることが出来ます。

でもデジタルは、パソコンを初期化したり、悪ければ修理に出すか、買い換えるか……。

手間もお金も、桁違い。

入稿直前にパソコンがおかしくなった時の絶望は、筆舌に尽くし難いです。

だから、早め早めに進めないといけないんですよね。

コメントを残す